内臓脂肪が多い場合と皮下脂肪が多い場合のダイエットの違いは?

MENU

脂肪でも違いによって異なるダイエット方法は?

ダイエット

内臓脂肪が多い場合と皮下脂肪が多い場合というのは同じ脂肪でも違いがあります。

 

内臓脂肪は肥満かどうかが分からない場合も多いです。皮下脂肪は体重の増加と伴って増えていく傾向もあります。

 

両方とも多くある場合や片方だけ多い場合などがあります。

 

同じ脂肪でも違いがありますが、ダイエットする方法に違いはあるのでしょうか?

 

内臓脂肪は内臓の周りに蓄積している事も多く特に肝臓には蓄積しやすい傾向があります。

 

脂肪細胞も皮下脂肪に比べると小さい傾向があるので、血液中に出やすく脂肪燃焼しやすいという側面があります。

 

血液中に出やすいというのは血管壁にこびりついて動脈硬化に繋がりやすいというのがあります。

 

しかし運動やダイエットの面で考えると血液中に出やすく筋肉に運びやすいというので運動などの効果が出やすいというのがあります。

 

一方皮下脂肪の場合には中々皮下脂肪をエネルギーに使用するのに時間がかかります。

 

ですので、ダイエット初期での体重の減少は体水分が減ったりすることで体重の減少を引き起こしやすいと言えます。

 

どちらも気長にダイエットを行っていった方が良いとも言えますが、運動中の健康管理では、内臓脂肪のダイエットでは水分補給をしっかり行う事で血液の濃度をある程度保つことが大切です。

 

皮下脂肪を減らすダイエットでは、体重過多による膝など下半身や腰の怪我などに注意していく必要があります。

 

 

 

 

 

内臓脂肪が多い場合と皮下脂肪が多い場合のダイエットの違いは?おすすめサイト